読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱそこん絵画で遊ぼっ

水彩ソフトで絵を描いています

横浜作品展(続きです)

 

f:id:mursakisikibu:20130820043838j:plain

 

 会場中央には、今年米寿を迎えられた方の特設コーナーが設けられました。

画像が小さいのでよくわからないかも知れませんが、気持ちを揺さぶる

素敵な1枚1枚に元気をいただく感があります。

幾つになっても何かに挑戦するということは、生きる活力にもつながりますね。

f:id:mursakisikibu:20130820060520j:plain

 

f:id:mursakisikibu:20130820044305j:plain

 

 

f:id:mursakisikibu:20130820044806j:plain

 

 f:id:mursakisikibu:20130820044040j:plain

 写真とみまがうような立派な絵もありました。

それはそれで大変美しいですが

そのひとのオリジナリティが現れる絵画というのを

目指したい気もします。

 

f:id:mursakisikibu:20130820045006j:plain

 

 

f:id:mursakisikibu:20130820045418j:plain

 

絵を写真に撮る・・というのも難しいです。

絵を描く・・・

描いた作者と出会う・・・

そして絵をご覧になっていただいた方とお会いする・・・

 

作品展は、グリコのキャラメルのように、おいしさを

たくさん味わえる宝庫のようです。

様々な方に作品を観ていただくことで

新たな自信が少しずつ芽生えていくような感もあります。

観ていただくこと!は、上達の一歩ではないかと感じます。

 

 

f:id:mursakisikibu:20130820054127j:plain

 1枚のモチーフで違った描き方をされていて、趣がぐんと変わります。

このような描き方もいいなあと思えてきます。

 

 

f:id:mursakisikibu:20130820054337j:plain

 京都在住のAさんの作品です。

いつも京都の風情のある風景をモチーフに選んでおられます。

大好きな1枚です。

線や色彩に特に温かみを感じます。

 

 

f:id:mursakisikibu:20130820055230j:plain

「故郷の母」と題したSさんの作品です。

この絵を見て涙を流された来場者もいらしたそうです。

1枚の絵が観る人のこころにぐっと迫る・・・

憂いのある表情にわたしも実母を思い起こしました。

 

 

f:id:mursakisikibu:20130820055640j:plain

  最後に大好きな山田先生の1枚。

先生の作品はどれも迫力があります。

軽やかな色彩・・・たまらなく好きです^^